So-net無料ブログ作成

【ゆるキャラ】偽ぐんまちゃん、遂に姿を消す! [芸能ニュース]




スポンサーリンク


ぐんまちゃんになりすまし、1年半もツイッターでつぶやき続けた、『偽ぐんまちゃん』がやっと、姿をくらましたようです。


ぐんまちゃんとは


群馬県御用達ペットゆるキャラ。
大人気らしく、ツイッターでは2700人のフォロワーがいたポニー。
別名の初代がいた。
馬っぽいから走らせると速そうだが、作りの関係上、ふなっしーには勝てないものと思われる。
何せふなっしーは爆破から脱兎のごとき勢いで逃げることができるわけだし

なお、年齢は7歳。彼(彼女)の世界はサザエさん方式なので、何年年を重ねても7歳です。

ぐんまちゃんの画像
(本物のぐんまちゃん http://plaza.rakuten.co.jp/machi10gunma/diary/201312270000/ より)


そんなぐんまちゃんの人気にあやかろうとしたのか、愉快犯なのか、自分もゆるキャラの中の人になりたかったのか、2012年11月頃から偽ぐんまちゃんは『ぐんまちゃん』としてツイッターを開始。
出演イベントに合わせてコメントをつぶやき、ありがとう、などお礼の言葉も述べていました。

のですが…。
偽者だと知れた原因は、幼児言葉にあったらしく。
それを見たファンが、「ぐんまちゃんは幼児言葉は使わない」と、偽者と見破ったのだとか。

まぁ、7歳にもなって、幼児言葉は使わないだろう。
ましてや馬の世界の7歳は大人だ。ゆるキャラ界ではなんとも言えませんが。
あの梨の妖精は2000歳近いわけだし


結局、ぐんまちゃんファンや公式ツイッターも「なりすまし注意」と警告したわけですが、偽ぐんまちゃんはどこ吹く風で群馬をPRし続けていたらしい。
その結果、やっと県も19日に「ぐんまちゃん公式フェイスブック」から、「ぐんまちゃんはツイッターをしていない」と告げ、偽ぐんまちゃんは21日を最後に姿を消しました。

…まぁ、まだたったの3日しか姿を消してないわけですが。


それにしても、幼児言葉を語らせるやり口にはイライラします。 あたかも、新聞や雑誌などの子供の誕生日欄で、さも子供が喋っているかのような幼児言葉で「1歳になりまちた。パパだぁ~いすき」が羅列するサマを見て、血管温度が上がりそうなあの光景を思い出します。 普通に書いてください。お願いします。

そしてゆるキャラたちには、ゆる~くかわいくありながら、時折シニカルな笑いを提供するような、いつまでもそんな存在であって欲しいものだと、思ったりするわけです。


ともあれ、1年半もぐんまちゃんを騙っていた偽ぐんまちゃんは、それをよくも続けられたものだと逆に感心もしますが、出来れば復活せずにおとなしくしていて欲しいものです。]


人気ブログランキングへ



いつの間にか、偽ぐんまちゃんのツイッターアカウント、消えていますね。
良かったような、最後の瞬間を見たかったような…


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。